Sample Online Shop

ビタミンKとは?

ビタミンKは、油脂に溶けやすい脂溶性のビタミンのひとつです。
天然に存在するビタミンKは、大きく分けてビタミンK1とビタミンK2の2種類があります。 ビタミンKのKは、koagulation(凝固)が由来となっています。

どんな働きがありますか?

血液凝固因子が生成される時に補酵素として働き、出血時に血液を固めて止血する手助けをします。また、骨の健康維持にも不可欠で、骨に存在するたんぱく質を活性化し、カルシウムを骨に沈着させて骨形成を促すなど、以下のような役割があります。

○血管を健康に保つ
○骨を健康に保つ

ビタミンKが多く含まれている食品は?

ビタミンKは、緑黄色野菜、鶏卵や肉類、乳製品、納豆など、いろいろな食品に含まれているため摂取しやすい栄養素です。

モロヘイヤ野菜類
モロヘイヤ:1/2袋(50g)/320μg、ほうれん草:1株(45g)/121.5μg、小松菜:1株(50g)/ 105μg、にら:1/2束(50g)/90μg、ブロッコリー:1/2房(50g)/80μg


とり肉類・卵類
鶏もも肉:1/4枚(75g)/46.5μg、鶏むね肉:1/4枚(75g)/37.5μg、豚ヒレ肉:ヒレカツ用3切(100g)/32μg、全卵:1個(50g)/6.5μg


生クリーム乳製品
生クリーム:1/2パック(100g)/14μg、エダムチーズ:50g/7μg


納豆豆類
ひきわり納豆:1パック(50g)/465μg、油揚げ:1枚(30g)/20.1μg、木綿豆腐:1/2丁(150g)/9μg、炒り大豆:小袋1袋(10g)/3.8μg


※アレルギーをお持ちの方や脂肪分が多い食品には注意してください。

1日にどれくらい摂ったらいいですか?

1日に必要なビタミンKの量は成長期の子どもで100~160μg、大人では150μgです。

1日に必要なビタミンKの摂取量(2015年版)>>

緑黄色野菜などいろいろな食品に含まれ、体内の腸内細菌や組織でもつくられるため不足する心配はほとんどありません。ただし、抗生剤を長期間飲み続けている人は、体内の腸内細菌からの供給が不十分になるため不足する場合があります。

ビタミンKが必要なわけ

骨の健康維持や血液凝固にも関わる成分です。そのため、ビタミンKが欠乏すると骨に十分にカルシウムが取り込まれなくなったり、ケガで出血したときに血液凝固に時間がかかり出血が止まりにくくなります。

腸内細菌からのビタミンK供給が少ない新生児や加齢により腸管からのビタミンKの吸収量が減少してしまう高齢者は、ビタミンK欠乏にならないように注意が必要です。

この成分を見た人はこんな成分も見ています。
>>カルシウム
>>たんぱく質

■栄養成分一覧

↑ PAGE TOP