栄養成分

アルギニンとは?

アルギニンは天然に存在するアミノ酸のひとつです。

アミノ酸はたんぱく質を構成する20種類の有機化合物で、そのうち体内でつくることができない9種類の必須アミノ酸と、体内でつくり出すことのできる11種類の非必須アミノ酸にわけられます。

アルギニンは大人の体内では合成できるため非必須アミノ酸ですが、子どもは十分な量を合成できません。そのため食事などで補う必要があり、条件付き必須アミノ酸と呼ばれることもあります。

どんな働きがありますか?

アルギニンは体内で一酸化窒素の生成を高めて免疫機能を高めたり、余分なアンモニアの解毒や肌の角層の状態を整えるなど、以下のような役割があります。

○免疫機能を調節する
○アンモニアの解毒作用
○血流改善の作用
○疲労回復を助ける
○肌の健康維持を助ける
○成長に関わるサポート
○筋肉の増加を助ける

アルギニンが多く含まれている食品は?

アルギニンは、特に肉類や魚類などに多く含まれています。

肉類
豚ヒレ肉: ヒレカツ用3切(100g)/1,400mg、牛モモ肉: ステーキ用1枚(100g)/1,200mg、鶏むね肉: 1/4枚(75g)/975mg


魚類
あじ: 1尾(90g)/1,440mg、さば: 1切れ(100g)/1,400mg、さんま: 1尾(100g)/1,300mg、するめいか: 1杯(100g)/1,200mg、丸干しいわし: 2尾(50g)/950mg


豆類
厚揚げ: 1/2丁(100g)/890mg、木綿豆腐: 1/2丁(150g)/885mg、油揚げ: 1枚(30g)/600mg、ひきわり納豆: 1パック(50g)/475mg


種実類
アーモンド: 25粒(25g)/550mg、カシューナッツ: 10粒(15g)/345mg、バターピーナッツ: 15粒(10g)/300mg、ごま: 大さじ1(9g)/261mg


※アレルギーをお持ちの方や脂肪分が多い食品には注意してください。

1日にどれくらい摂ったらいいですか?

1日に必要なアルギニンの量は厚生労働省では正確には決められていません。

さまざまなデータによると、個人差があるようですが1日当たり2,000~5,000mgだといわれています。

1日20,000mg以上の過剰摂取は、胃痛、胸やけ、嘔吐、下痢などを起こす可能性があるといわれていますが、普段の食事から摂るぐらいであれば心配する必要のない量です。

アルギニンが必要なわけ

アルギニンは、子どもの成長に関わるホルモンの分泌に必要な栄養素といわれています。しかし、子どもの体内では十分につくり出すことはできません。また、大人でも体力消耗時、ストレス、大きなけがをした時などは、十分に合成することができなくなる場合もあります。

食事で摂取するのが基本ですが、足りない分はサプリメントをプラスするなど上手に摂りたい栄養素です。

この成分を見た人はこんな成分も見ています。
>>たんぱく質
>>カルシウム