α-GPCとは?

α-GPC(アルファ-グリセロホスホコリン)はコリンの前駆体*で、リン脂質の一種であるホスファチジルコリン(レシチン)から分解して生成されます。
厚生労働省が2006年に食品成分として認可し、2009年に認可を正式発表している注目の成分。少ない量で効率よくコリンを補給できるといわれています。

*前駆体:化学反応などで、物質が生成される前段階の物質

どんな働きがありますか?

体を構成する基本的な材料となり、すべての細胞に存在し、成長したり生命活動をするために欠かせません。代謝やホルモン分泌に関わるなど、以下のような役割があります。

〇成長に関わるサポート
〇老化を抑制
〇記憶や学習能力のサポート
〇競技パフォーマンスの向上

α-GPCが多く含まれている食品は?

α-GPCは、大豆、肉や魚、アーモンド、バナナなどに、ごくわずかに含まれています。

1日にどれくらい摂ったらいいですか?

1日に必要なα-GPCの量は厚生労働省では決められていません。
食品から摂ることもできますが、その量はごく微量です。サプリメントを利用する場合は、用法・用量を守り、お薬を服用している方はご使用前に必ず医師に相談してください。

α-GPCが必要なわけ

α-GPCは母乳にも含まれ、成長に関わるサポートを行うため、生まれた時から体づくりに欠かせません。

また、学習時期やエイジングケアにも役立つので、子どもも大人も摂りたい成分のひとつです。

この成分を見た人はこんな成分も見ています。
>>カルシウム
>>ボーンペップ