ボーンペップとは?

ボーンペップは、卵黄から発見された骨の成長を助けるペプチドたんぱく質です。卵黄のたんぱく質が酵素処理により細かく分解されることでペプチドとなり、ボーンペップが誕生しました。

骨にちなみ、bone=骨、peptide=ペプチドからBonepep(ボーンペップ)と名付けられました。

※ペプチド…たんぱく質を構成するアミノ酸が数個結合した状態。

どんな働きがありますか?

卵から生まれたヒヨコはすぐに歩き出します。その成長の早さから、卵の中にある成分に着目して研究が行われた結果、卵黄に含まれるペプチドに骨の成長を促す働きがあることがわかりました。

カルシウムと一緒に摂取することで、骨に関する以下のような役割があります。

○大きく早く成長を促すためのサポート
○密度を高め、維持し、もろくならないようにする
○質を高めて丈夫にする

骨の健康のためにもボーンペップを補い、もろくならないよう、強くて丈夫な骨を維持することに役立てましょう。

ボーンペップが必要なわけ

骨の成長にはカルシウムだけでなく、たんぱく質やマグネシウムなどを一緒にバランスよく摂ることが大切だといわれています。

ボーンペップは骨や歯へカルシウムの浸透を調節する働きがあり、さらにマグネシウムを一緒に摂ることで成長細胞の活性化を促し、骨の密度や強度をサポートします。

この成分を見た人はこんな成分も見ています。
>>たんぱく質
>>カルシウム
>>マグネシウム